全Aネット活動ニュース

7月22日(土)、大阪国際交流センターにて、日本財団の助成事業の一環として  『「はたらくNIPPON計画」A型フォーラムin大阪』をテーマ『「いいA型」のあり方を考える』として、開催しました。

サブテーマ:「いきききと働けるA型にしよう! ~もうぼちぼちはたらこうかぁ自分?~

大阪府就労継続支援A型事業所協議会(Aネット大阪)を協力で開催。北は福島県、南は鹿児島県より約110名が参加いただきました。良きA型はどうあるべきか?全国一番事業所が多い大阪府の状況に一石を投じることができればと考えています。

開催の2日前、7月20日に岡山県倉敷市においてA型事業所5カ所が一斉に閉鎖され、220名の障害者が解雇され、岡山県の全Aネット関係者が行政と協力して対応をしている報告もありました。厚労省の講演の中で、閉鎖後の利用者に対する責任は事業者にある旨説明がありました。改めて、事業者の責任の大切さを共有できたと考えています。最後に大会宣言「こんなA型は絶対に認めません!」を参加者全員で読み合わせいたしました。

※今後、9月1日(金)~2日(土)福岡、11月11日(土)愛知、2月横浜で開催予定です。奮っての参加をお待ちしています。

  1. 大会要領(パンフレット)
  2. タイムテーブル
  3. はじめに
  4. 講演会
    ①厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部障害福祉課
         就労支援・調達推進係長 服部 剛 様
    ②公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会
         専務理事 村木太郎 様

  5. シンポジウム「良きA型と言われるためにできること」
    コーディネータ:村木太郎 様
    パネリスト:大阪府就労継続支援A型事業所協議会(Aネット大阪) 会長 石野英司 様
    パネリスト:服部 剛様
    パネリスト:全Aネット 理事長 久保寺一男

  6. 特別報告 「はたらくNIPPON!計画」「就労支援フォーラム」について
    日本財団ソーシャルイノベーション本部 国内事業開発チーム
       チームリーダー 竹村利道 様

  7. 第1分科会「ネットワークの必要性とメリット」
    コーディネータ:大阪市障がい者就業・生活支援センター
          所長 前野哲哉 様
    パネリスト:NPO法人中小企業コンソーシアム京都
         「ありむた」施設長 白濵智美 様
    パネリスト:社会福祉法人花の会 「第2共働舎花の会」
          業務執行理事 成瀬 修 様
    パネリスト:大阪府福祉部障がい福祉室 自立支援課
          就業・ITグループ 岩田知子 様

  8. 第2分科会「生産性を高めるポイントと企業との結びつき」
    コーディネータ:就労継続支援A型事業所全国協議会
          副理事長 萩原義文 様
    パネリスト:株式会社ダイキンサンライズ摂津
          代表取締役社長 澁谷栄作 様
    パネリスト:ハウスあいファクトリー株式会社
          取締役運営部長 松田達久 様
    パネリスト:株式会社フェローシステム
          代表取締役 三好大助

  9. 第3分科会「A型事業所の利用者サービスの質を高めるために」 
    コーディネータ:就労継続支援A型事業所全国協議会
          理事長 久保寺一男 様
    パネリスト:ウインナック株式会社
          代表取締役 西 芳雄 様
    パネリスト:NPO法人就労・生活支援センター
          理事長 永田 昇 様
    パネリスト:有限責任事業組合大阪職業教育協働機構 A’ワーク創造館
          就労支援室長 西岡正次 様

  10. 全体会~各分科会の報告
    大会宣言「こんなA型は絶対に認めません!」