平成27年7月より外部より専門家をお招きし、障害者の働き方等についての検討会「A型事業での課題と可能性について」を開催しています。

障害者の働き方等についての検討会
「A型事業での課題と可能性について」

1.主催者 NPO法人就労継続支援A型事業者全国協議会(全Aネット)
2.開催主旨 障害者総合支援法の就労継続支援A型事業は、一般就労が難しい方の労働者としての身分保障をする中間的就労の場として貴重であると考えている。平成27年度WAM助成を実態調査・検討会・試行事業の3事業で申請している。特にこの検討会では、実態調査からA型事業の課題を洗い出し、良きA型を推進するにはどのような手立てを講じなければならないかを検討することのほか、雇用開発・能力開発について検討する。 また現在の制度では基本的には利用できない生活困難者・触法ケース者・ニート・引籠り・ホームレスなど「働きにくい方」の利用についての試行事業からの課題を検討する。さらにB型等の利用者がA型利用をするうえでの課題の検討や、一般就労への移行支援を行っているA型事業所が多くある現状から就労移行支援事業との関係を整理する検討を行う。
3.開催場所 全Aネット事務所  〒170-0004東京都豊島区北大塚3-34-7 社会福祉法人豊芯会内
TEL : 03-3915-8111 FAX : 03-3915-8112  Mail : toiawase@zen-a.net
4.日時 基本的には第4金曜日、18:45~20:45とし、参加者の都合で決定する。
5.参加者
外部委員:
岩田克彦  (国立教育政策研究所フェロー、元職業能力開発総合大学校教授)
百瀬 優  (流通経済大学准教授)
西嶋美那子 (元経団連 障害者雇用アドバイザー)
夏目浩次 (La Barcaグループ代表)
内部委員:
村木太郎  (公益社団法人 全国シルバー人材センター事業協会 専務理事)
天野貴彦 (一般社団法人ディーセントワールド代表理事)
深澤正司 (株式会社FCC代表取締役・神奈川県中小企業家同友会)
(以下事務局より)
久保寺一男 (社会福祉法人進和学園統括施設長・全Aネット理事長)
萩原義文 (NPO法人就労継続支援A型事業所連絡協議会代表(岡山県)・全Aネット副理事長)
加藤裕二 (社会福祉法人オリーブの樹 理事長 ・全Aネット副理事長)
金子鮎子 (NPO法人ストローク会副理事長・全Aネット理事)
近藤友克 (社会福祉法人豊芯会常務理事・全Aネット事務局長)
里見喜久夫 (株式会社はたらくよろこびデザイン室代表取締役・全Aネット監事)
オブザーバー:
行政より随時参加
全Aネット理事
他団体:
また、テーマにより特別に生活困窮者・触法・ニート・引籠り等の事業者にも参加を要請する。
その他:
基本的には上記メンバーにて、検討会を行うが、追加参加者は柔軟的に対応する。

※敬称省略

検討会資料PDFについてはこちらからダウンロードできます。

検討会資料PDF [PDF:259KB]