全Aネット活動ニュース

2月24日(土)、横浜市開港記念館にて、日本財団の助成事業の第4回目として『「はたらくNIPPON計画」A型シンポジウムin横浜』をテーマ『A型事業のあり方を考える』として、開催しました。9回開催した研究会報告書の骨子案を中心に、議論しました。

1.大会要領(パンフレット)【資料①参照】

2.タイムテーブル【資料②参照】

3.はじめに【資料③参照】

4.行政説明【資料④⑤参照】

・「就労継続支援A型事業の今後の方向性」について
       厚生労働省 社会援護局 障害保健福祉部 障害福祉課 課長補佐
       寺岡 潤 様

・A型事業関係の「今後の障害者雇用促進制度の在り方に関する研究会」について
       厚生労働省 職業安定局 障害者雇用対策課 課長補佐
       高澤 航 様

5.特別講演会【資料⑥参照】

・精神障害者の就労支援「ぷろぼの」の活動
       社会福祉法人ぷろぼの理事長
       山内 民興 様

6.研究会報告&提言【資料⑦⑧参照】

・研究会「中間的就労分野における基本的課題とA型事業所の可能性研究事業」を9回開催しました。
       労働政策研究・研修機構客員研究員
       委員長 岩田 克彦

・研究会報告骨子案

7.シンポジウム 【資料⑨⑩⑪⑫参照】

・研究会報告&提言を踏まえて議論しました。
       座長 岩田克彦
       シンポジスト 村木 太郎 委員
       シンポジスト 丸物 正直 委員
       シンポジスト 米澤 旦 委員
       シンポジスト 久保寺 一男 委員

8.報告書【資料⑬参照】